読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

私の失敗

どうもです!

今日は私が犯した失敗について書いていきます。

一番最初の記事で書きましたが、私は、自分自身の留学を、基本的には失敗ととらえています。いや~、金も時間もかけたのにな~って感じです。本当は、一つ一つの事柄について詳しく書きたいのですが、今日はざっくりと。

 

longhardroadout.hatenablog.com

始めに言っておきますが、失敗はしましたものの、行かなきゃよかったとは思っていません。単純に英語は自分の目標レベルは身につけられましたし、国際感覚の何たるかは学べました。もう海外で仕事をすることに抵抗を感じることはないでしょう。そして何より、様々な失敗を通して自分自身の生き方そのものを見直すことができました。結局、留学いった人で「行かなきゃよかった...」と思っている人は皆無なので、皆さんもお金さえあればどんどん行けばいいと思っています。語学留学だろうが交換留学だろうが。(正規留学の人は語学留学と交換留学の人を見下すという傾向にあるので、そこは注意してね)

以下が、私の失敗です。

大学で勉強したいことなど特になかった

まぁ、まずはこれですかね。私は、キャリアアップと英語のために留学をしました。これがすべてです。あそこの大学で強いあのメジャーを勉強をして、将来的にはこういう仕事がしたい、という考えなど皆無でした。たとえ留学の初期ではなかったとしても、いずれはそういうことを考え始めるのが大学生ですが、私は根っからのモラトリアム人間だったのですwww

将来など全く考えていませんでした。せいぜい、「英語さえ身につけておけばくいっぱぐれはないだろう」と思い、英語をほかの人に比べて少しちゃんとやったくらいです。まぁ、おかげで予備校講師にはいつでもなれる、という自信はありますが。

正規留学は、海外の大学に所属して、それが学歴になります。卒業するには、少々の苦痛が伴いますが、そんなものは頑張ってれば、あるいはプロフェッサーに頑張っている姿勢を見せていればどうにかなります。授業なんて別に、日本の大学と変わらないですから。つまり、中途半端な覚悟で行ってもぶっちゃけどうにかなります。しかし、どうせ正規留学で行くなら、しっかりと将来と結びつけて考えましょう。自分はなぜ留学するのか、将来何をやりたいからか、留学を通して何を達成したいのか、等々です。

最近で言えば、私はピースの綾部は危ないと思っています。なぜ留学するのか→レッドカーペットを歩きたいから。具体的には、向こうに行って何をするの?→まずは英語から、って、なんじゃそりゃ。どんなジャンルでどんなことをして、何を達成してレッドカーペットにたどり着きたいのかがないですよね。もちろん、公表してないだけかもしれませんが。そーゆーのはやめましょうねって、同じ失敗をした僕から言っておきます。

コミュニティに属さなかった

これもでかい失敗... もういうのも恥ずかしいくらいなんですが、私の人見知りという性格上、コミュニティに属することにかなり抵抗がありました。せめて日本人コミュニティにでも所属しておけばよかった...

コミュニティに所属する利点はたくさんありますが、こと日本人コミュニティの場合は、就活の一助となるというのが最大のメリットでしょう。すでに長年築き上げているコネがあるので、わざわざ海外の大学に日本の企業が説明会に来たりします。その場で面接してくれたりもするのです。バカでも留学何とかなることの理由の一つです。

こういったコミュニティを通してボランティア活動などもできたりするので、それもまた就活の一助になります。まぁ就活なんて本人次第なところはありますが。あと、例えば、フラタニティと呼ばれる(たぶんどこの大学でもそう呼ばれていると思う)、パーティーピーポー向けのコミュニティなんかも、ドラッグやらセックスやら、いろんなチャンスがあるでしょう。自分が好きな分野のコミュニティに所属して後悔することはないでしょう。

遠距離恋愛をした挙句、彼女を寝取られた

はい、これは本当に大失敗です。これはかなりの精神的苦痛を伴いました。

私も彼女も留学していましたが、私はサンフランシスコ、彼女はバルティモアでした。別々の場所に同時期に留学し、しばらくは遠距離恋愛を続けていました。が、結局、遠距離で一年半、トータルで三年つきあった挙句、その彼女を現地のチャイニーズアメリカンに寝取られるという事態になってしまい、私の人生最大の恋愛は幕を閉じました。

死にたくなりました。が、まぁ詳細はいつか書けたら書きますが、原因は遠距離に起因する私の不義理です。三年も付き合ったのになーwww もう別れて一年以上も経ちますが、いまだに思い出します。でも、詳しく理由を話したら、お前が悪い、と言われそうではありますがwww 

死ぬほど後悔しています。こんなモラトリアム人間が、遠距離恋愛を軽はずみに始めてしまったことを。その結果、三年も付き合ったのに、最後はかなり険悪な感じでした。Facebookに、Radwimpsの「五月の蝿」を投稿したくらい、険悪でした笑 寝取られましたし。本気だったのに、最悪の形で終わってしまいました。今でも彼女が夢に出て来ることがありますが、まるで拷問のようです。死にたいです。女々しいですね。


五月の蝿 RADWIMPS MV

別に、遠距離恋愛自体を否定はしていませんが、まず自分は遠距離に向いているのか、考えましょう。一年くらいなら何とかなりますが、もっと長期だと、うまくいったという話はあまり聞きませんよ。ちなみに、あの日から、毎晩欠かすことなく酒を飲んでいます。飲んでから学校に行くこともありましたwww

 

 

まぁこんな感じですかね... また思いついたら、自分の失敗について書いていきます。一応ここでいっておきたいのが、留学に学力も英語もあまり関係ないよ、ってことです。英語も勉強も、テキトーで何とかなります。留学で重要なのはそこじゃないんですよ。重要なのは、将来にどうつながるか考えること。英語とか学力なんて、いつでもどうにでもなります。最悪、行ってからでもなんとかなります。カンニングだってできますし。だから、そんなことで心配するのではなくて、将来の自分のゴールに向かうために必須であれば、留学をすればいいんじゃないかなと。

ではまた!